スポーツ外傷|骨盤矯正なら住吉区のひかり整骨院

NEWS 新着情報

スポーツ外傷

2020/06/23

スポーツ外傷はスポーツ中に受けた外力で身体を損傷してしまうことを言います

簡単に言うと「運動中のケガ」ということになり

症状は軽い捻挫から骨折、脱臼など幅広いです。

 

スポーツでケガをしてしまったとき、まずはRICE処置(R=安静、I=冷却、C=挙上、E=圧迫)を行い

症状が治まるのを待つのが一般的とされています。

 

このRICE処置を行う前にもっと大切なことがあります。

それは損傷部位の環境を整え体の自己治癒力を高めておくことです。

 

ケガをするときその箇所には大きな外力(曲げ、伸ばし、捻りの力)が加わり

その力に体が耐え切れなかったときに体は損傷してしまいます。

大切なのはケガをした後も受けた外力が体に残っているということです。

捻挫で例えますと、捻挫は体が捻じれて損傷してしまうのですがケガをした後も体は捻じれたままだということです。

 

そのままRICE処置を行うということは

体が曲がったり、伸びたり、捻じれたりしたまま処置をするということになります

 

体がそのような状態では本来なら⑩あるとされる自己治癒力も⑤とかに低下してしまい

せっかくの処置も効果半減してしまいます。

 

効果が半減するということは治療期間も長くなり、運動できない日が増えるので

復帰までにかなりの日数が必要になります。

また復帰したとしても体はゆがんだままですので

思うように動けなかったり、最悪再発してしまったりしてしまいます。

・ケガをしたところがいつまでも痛い

・痛みはないけどなかなか記録が伸びない

・いつもと違うところが痛む

など、心当たりはないでしょうか??

 

体がゆがんだままでは復帰にも時間がかかるし復帰してからもあまりいいことはないです。

 

スポーツ外傷は

受傷後速やかに幹部の環境を整えてあげることが一番大切だと考えております。

 

メニューと料金

お気軽にお問い合わせください TEL:06-6629-8530 診療時間 月・水・金 9時~15時 火・木 16時~20時 土 9時~13時 休診日 日曜・祝日

メールで問い合わせる

予約はこちら

骨盤矯正

FAQ

CONTACT お問い合わせ

INFOMATION

ひかり整骨院
〒558-0041
大阪府大阪市住吉区南住吉2-2-25

大阪市住吉区で骨盤矯正なら【ひかり整骨院】へご相談下さい。
柔道整復師免許取得の先生が長年の経験と実績を元に、皆様に寄り添って参ります。

お問い合わせ

MAIL FORM メールで問い合わせる